髪が傷まない!!?そんなパーマがついに実現!!Neolive


はい!Neoliveでスタイリストをしていますパーマ大好き山北です!!

S__29302941

私が山北です(笑)いったい何をやってるんでしょうね(笑)

今回は数あるパーマ技術の中でもオススメのパーマが実現したので、そのご紹介をさせて頂きます!

 

遡ると今までいろんなパーマがありました。

水パーマ・クリープパーマ・エアウェーブ・デジタルパーマなどなど・・・。

エアウェーブ

こんなの見たことありますか!?懐かしのエアウェーブ。

いろんなパーマがあって『あーこれやった事ある!〜』ってなる人も多いんじゃないでしょうか!?

そしてついに!やっと!待望の薬が完成したのです!!

それがNPF】(ナチュラルピュアフォルム)

※低温でかけるデジタルパーマです!

I003883930_349-262

見た感じはこんな感じです!!

 

ほほう・・・。なんだそれ・・・。なにがいいの!?

ってなる前にみなさんに質問です!!

 

パーマかけたあと、こんな事思ったことはありませんか!?
□傷んだ・・・
□広がるだけ・・・
□3日で落ちた・・・
□かかりすぎた・・・
□思ってたのと違う・・・
□チリチリになっちゃった・・・

もしくは、こんな事を言われた経験はありませんか??
□直毛さんだからかからないかも・・・
□ダメージあるからかからないかも・・・

 

パーマに挑戦した事がある方なら、おそらくどれかに当てはまってしまうのでは??

なにが言いたいかと言いますと。。。

 

【パーマって傷む】

IMG_3139

結構絡んじゃうし、パサパサになっちゃう。。。

思い通りにスタイリングできない。。。

などなど

そういうイメージは大いにあるかと思います!!

どうでしょうか!?

思い当たる節、ありませんか???ありますよね!??

 

しかし!今回の新登場【NPF】は・・・【傷まない】

そう・・・【傷みません】

※100%痛まない訳ではありません!従来のパーマの薬剤よりも約90%ダメージ削減に成功したパーマ剤です。

 

そんなパーマが実現するなんて・・・最高ですよね!!

では・・・何が違うのか!!

従来のデジタルパーマは

手順

1、シャンプー後に薬剤を塗布 放置5分〜10分

2、薬剤による髪の毛の軟化度をチェックし、一度流す

3、パーマのロッドを巻いて60度〜70度で20分加温で完全乾燥させる。

4、ロッドを外し酸化剤を塗布し5分〜10分放置し終了

 

では【NPF】の場合

手順

1、シャンプー後に薬剤を塗布

2、そのままパーマを巻き40度〜50度で加温10分

3、そのまま酸化剤を塗布し役10分で終了

 

お分かりいただけるだろうか・・・

これだけでも施術時間が短くなっていることを!!

時間がないって急いでいる方にもオススメって事ですね!!

 

そして注目して頂きたいのが・・・あたためる時の温度!!

もう一度言います。

従来のデジタルパーマは【60度〜70度で20分加温で完全乾燥】

NPFは【40度〜50度で加温10分】です!!

 

髪の毛が傷む温度ってご存知でしょうか?

乾いている時で120度

濡れているときは60度

※髪の毛が達する温度で外的温度ではありません!なのでアイロンやコテの温度を180度で巻いても、3秒以内だと、あまり傷みません!!

 

ちなみに髪の毛の成分は・・・

卵にとよく似ていて・・・タンパク質が沢山!!

卵

そしてそのタンパク質の質がとても大切!!

卵も熱すると…ゆで卵に!!そう!かたまります。おいしそうにかたまってくれます!!

46454d107805de9935b7e280622ff393

 

そして焼きすぎると・・・クロズミに・・・

3-5

パンですが(笑)

そうなんです!なんでもそうだと思いますが、

髪の毛も熱を与えすぎると焦げちゃいます!!!

 

詳しく話すと。

髪の毛が120度以上の温度に達すると、髪の毛の中のタンパク質が硬くなってしてしまい(こげてるイメージ)

髪の毛がゴワゴワになったりバサバサになったり。。。

que-12144119117

(最後はチリチリになりかねません)

 

しかし!!!あれ!?

従来のデジパは➡︎60度〜70度

NPFは40度〜50度

 

これは傷まなそうじゃないですか!

タンパク質が硬くならなさそう!!

そしたら・・・ゴワゴワしない!パサパサしない!!

 

さらに難しい話をすると・・・

髪の毛は・・・【弱酸性

ここがとっても大切!!

ちなみに水道水は・・・・【中性】

海水は・・・【弱アルカリ性】・・・!!?

塩酸や硫酸は・・・【強酸性】

 

では通常のパーマ液は・・・【アルカリ性】

beauty3_08img_06

従来のパーマは、髪の毛のPH (ペーハー)をアルカリ性に傾け、形を付けたうえで弱酸性に戻し固定する。

という難しい話なのですが。。。

 

【NPF】は・・・【弱酸性】!!

髪の毛と一緒!!お肌とも一緒!!弱酸性!!

なんとなく髪によさそうですよね!!

いや、髪の毛にいいんです!!

さらにトリートメントの成分も大量に入っていますので、しっとり仕上がる!

ほの

今までのパーマにはない柔らかさを実現しています!!

これに加えてオイル系のスタイリング剤とムース系のスタイリング剤を組み合わせて使用すると、

しっとりうるツヤカールが実現出来ます!!

因みにオススメのオイルはNeoliveの美髪成分たっぷりのacoteオイルです♪

ぜひ今までパーマで失敗したことがある!

そんな方は一度ご相談ください!!

 

ちなみに【PH】の事に触れたのでついでに夏ならではの情報を!

髪の毛は【弱酸性】

パーマ剤は【弱アルカリ性】

海水は・・・【弱アルカリ性】

 

お!?

海水って・・・パーマ剤と一緒やん!!?

そうなんです!

海に行くと髪の毛バッサバサになりますよね!!

あれって海水がパーマ液に近いからなんです!!

海水に髪の毛をつける=パーマ液に髪の毛をつけてる!ということなんです!!

 

さらに塩!海水に含まれる塩!

塩って水分をうばうじゃないですか!?

海水に髪の毛がついたときに、髪の毛の中にはいってきて

髪の毛の栄養やカラーも一緒に引っこ抜いちゃう!もう天敵並みに相性悪いです!

 

さらに紫外線!

直接くるのはもちろんですが海水に跳ね返ってもくるので

紫外線量が2倍に!!

 

この海水紫外線

トリプルパンチで髪の毛が傷んじゃいます!!

 

もうヘアケアする側からしたら恐怖すら覚えます!(笑)

しかし!!大丈夫!

そのあとケアしっかりやりましょう^^

オススメは効果抜群のNeoliveオリジナルシャンプートリートメント♪

シルクのような手触りを実現します!

欲を言えば海とか行かない方が髪にはとっても良いんですけど・・・

遊んでリフレッシュ出来ないのは心に悪いので、

髪に優しいアイテムを使いながらたくさん遊びましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です